基礎理工学科について

基礎理工学科の4年間

1年次人間形成および社会のしくみを学び、英語を基本としたコミュニケーションツールの習得、また数学・理科・情報・電気回路などの基礎力を養います。
2年次徹底した少人数教育によるゼミナールと実験科目を軸に、数学や物理学の基礎をより深く学びます。
3年次数理モデリング、計測・シミュレーションの手法を豊富な応用事例を通じて学習し、科学の基本や工学の基礎技術を習得し、プレゼンテーションの能力を高めていきます。
4年次総まとめとしての卒業研究を通じて、具体的な問題に対するモデリング・シミュレーションを統合した問題解決能力と実践力を養います。

基礎理工学科の標準的な履修モデル

 将来の目標にあわせた履修ができます。標準的な履修モデルの例を紹介します。

(履修に際しては、必ず「履修の手引き」「教授要目」「学修必携」で確認してください。)

 数学・物理・化学の枠にとらわれない「融合志向型」の履修をすることも可能です.

平成23年度以降入学者用

  • 数学志向型 履修モデル
  • 教職(数学)志向型 履修モデル
  • 物理志向型 履修モデル
  • 教職(理科)物理志向型 履修モデル
  • 化学志向型 履修モデル
  • 教職(理科)化学志向型 履修モデル

平成22年度以前入学者用