基礎理工学科について>研究室紹介>坂田定久のページ

マルサスの人口論は何故間違えたか?

ジェームズ・ワットの蒸気機関など英国で始まった産業革命の最中の1798年に,マルサス(英国1766−1834)は人口増加による危機の到来を訴えた。マルサスは過去のデータから
  (a)人口は等比数列的に増加する
それに対し,
  (b)食糧供給は等差数列的にしか増加しない
ということに注目し,そのため飢饉,疾病,戦争などによる抑制を受けながらも,人口は爆発的に増え続け,世界的な食糧危機に陥ると予測した。このことが事実であれば,世界は大変な混乱と破壊的な出来事に見舞われると思われた。しかし,これに対し,1842年にケトレが,1845年にはヴェアフルストが人口増加の抑制要因として 
  (a)食糧資源の不足
  (b)エネルギーの供給不足
  (c)限られた地域への人口過密
  (d)その他の環境問題
などを挙げ,人口の増加率はマルサスが考えたように単純にそのときの人口 N に比例せず,即ち,増加率 latex math imagelatex math image と表される訳ではなく,係数 latex math imagelatex math image の増加とともに減少するとした。この考えを反映させるため,ヴェアフルストはマルサスの人口増加モデルを改良して
  latex math image (latex math image はある定数)
に従うものと予測した。そして自身の町の人口変動に適応してみて,よく付合することを知り,自分の立てた人口増加モデルの確かさを確信した。マルサスのモデルにおいても,ヴェアフルストのモデルにおいても人口 latex math image を表すのに用いられる関数は単純な指数関数である。

詳しくはこちらをどうぞ