ShibataNoboru

太陽電池

将来の有望なエネルギー源として考えられている太陽電池の一般家庭への応用を考えて見ませんか。例えば日本の一戸建住宅は約2500万戸であり、その家屋の屋根に標準タイプの3KW太陽光発電システムを搭載すれば日本のエネルギー問題として考えた場合どのような結果となるのか、また将来ソーラカーが日常的に一つの輸送形態となるのか理論的に考えてみませんか。太陽電池が有望なエネルギー源と世間の情報において言われているが本当なのかどうなのか考えてみてください。情報過多の現在、少しは疑って見ることも将来必要なことだと思います。大学生活においても日常の事象を少し斜めからみる訓練を是非、身につけてください。